• 見学のお申し込み・お問い合わせ
  • オンラインショップ

第1回 ケア・アートと IoT ワークショップ

Good Job! センターがめざすことの1つに、新しいしごと・はたらき方をつくることがあ ります。
 “新しい”“可能性をひろげる” ことを目指すためには、これまでとは違ったアプローチ が必要になります。その1つのアプローチとして「IoT(アイ・オー・ティー)」に注目しています。
 IoT(Internet of Things)とは「あらゆるものがインターネットを通じてつながり相互に コミュニケーションできる状態」のことで、これまでにないモノ・コトづくりや関係性が生まれることを期待されています。
 情報通信技術がここまで発達し、これからさらに発展していく現代において、軍事・産 業ではなく、ケア・アートと IoT がどう関わり、いまを生きる人たちの表現やしごとや暮ら しにどのように必要とされるのか。これらの問いを突きつめて考え、理論と実践を蓄積し、 他の地域においても応用される社会的資産をつくることを目的に、研究会を開催しました。
今回は、偶然と必然が重なり、東京、神奈川、岐阜、京都、大阪、そして奈良の猛者たちが集結しました。
アートセンターHANA & Good Job! センターの見学に合わせて、ミニミニワークショップを開催。
今回は、MESH(メッシュ:http://meshprj.com/jp/ )というツールと、IFTTT(イフト:https://ifttt.com/ )というアプリを使ったミニミニワークショップをしました。
いくつかのテーマごとにチームにわかれ、障害のある人やケアに関わるスタッフががリードユーザーになりながら、意見交換をしました。


日時:2016 年 9 月 2 日(金)11:00~12:30
場所:アートセンター HANA 2 階 会議室
主催:  社会福祉法人わたぼうしの会 Good Job! センター香芝
共催:  科研費挑戦的萌芽研究「インクルーシブワークプレイスデザイン」(代表:塩瀬隆之)
参加者:慶応義塾大学: 田中浩也、水野大二郎、渡辺智暁、常盤拓司
情報科学芸術大学院大学(IAMAS): 小林茂
FabLab 北加賀屋: 白石晃一
京都大学総合博物館: 塩瀬隆之
NPO法人collable:山田小百合
大阪大学 松村真宏
Good Job!センター香芝 : 森下静香、藤井克英、小林大祐、向谷翔子、竹田周平、Yusuke、水田篤紀
たんぽぽの家:平松克啓、林志保


今回、テーマとしたのは、下記の4つ。


1 ART チーム 《表現の拡張》
「創作を好む一個人が、初 めて MESH や IFTTT を手にしたときに、どのように発展させていくのか」を考えました。


2 WORK チーム 《しごとづくりの拡張》
Good Job! センター新製品 の開発からメンバーの工程づくりまで、“しごと”に関わることを全般に担っているスタッフをリードユーザーに、MESH や IFTTT は、しごとやはたらき方にどんな変化をあたえることができるのか、を考えました。


3 CARE チーム 《ケアする人のケア》
ケアサポーターケアする人の視点から、メンバーだけでなく、ケアサポー ターにとって必要な MESH や IFTTT の使い方を考えました。


4 LIFE チーム 《日常生活への応用》
車いすを利用している若い女性が、「日々の暮らしのなかで、 MESH や IFTTT はどんな使い方ができるか」を考えたいと思いました。


全部で90分のワークショップでしたが、たくさんのアイデアが出ました。
また、MESHを今後試してみたいという声も。
これをGood Job! につなげるには。。。まだまだ実践と研究は続きます。
(小林)

iot2

iot3

Contact お問い合わせ

しごとの相談
セミナーや研修の相談
見学のお申し込み
GJ!センターではたらきたい
GJ!センターを応援したい
メールニュース登録
tanpopo